大物を捕らえる為にも道具の手入れはこまめにしよう

ロッドやリールもしっかりお手入れ

まずはロッドの手入れについて

次はルアーの他のタックル(道具)についての説明とメンテナンスについて書いていこうと思います。

ルアーの他のタックルと言えば、何を想像されますか?

ロッド(竿)、リール、ライン(釣糸)となってきますが、ルアーフィッシングは従来の釣りとは違い、仕掛けなどはないのでメンテナンスは簡単です。

ロッドのメンテナンスとしては淡水でも海水でも使った後に特別に手入れをする必要はないようですが、しいていえば汚れは早めに拭き取った方がいいそうです。

水洗いしてもいいようなのですが、ロッドは長いものですから水洗いするのは一苦労です。
全体を拭くというのも大変なので、汚れた箇所だけを毎回拭くだけでも、ロッドの為にいいですし、頻繁に買えるものでもないですから、お財布にも優しいですよね。

大物を釣るためにラインとリールの手入れ

次にラインとリールのメンテナンスについてです。
あくまでも最低限のメンテナンスの話にしますね。

まずはラインのメンテナンスですが、とりあえずスプールと呼ばれる糸を巻いてる部分を少し指で軽くこすりながら真水で洗えば大丈夫だと言われています。

ラインは吸水すると劣化するので、浸け置きは避けたいです。
お湯で洗うとキレイになるような気もしますが、お湯は吸水を促進させてしまうので避けましょう。
あと、もったいないと思うかもしれませんが、一回使用したら5メートルくらいは切断してしまいましょう。
水に浸かったラインには目には見えないキズなどで劣化しています。
次回、大物を捕らえるためにも、しっかりしたラインで釣り上げたいものです。

あとはリールですが、素人が下手に分解したら使えなくなっても困るので、リールも拭くだけで十分です。
ルアーと一緒に陰干しすれば、十分です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る